構造計算適合性判定

構造計算適合性判定

平成27年5月13日に熊本県知事の指定を受け、平成27年6月1日から構造計算適合性判定機関として、建築基準法に基づく構造計算適合性判定業務を行います。
構造計算適合性判定の審査は、平成27年6月1日から改正建築基準法の施行により、建築確認申請手続きとは別途、構造計算適合性判定申請書を指定構造計算適合性判定機関に直接申請できるようになりました。

提出書類に関するお願い

tenp270619

※添付が必要な図書は、上図のとおり規則第3条の7で定められています。その中には下記の図書も含まれますので留意していただきますようお願いします。

①規則1の3(表1)に掲げる図書
・付近見取図
・配置図
・各階平面図
・床面積求積図
・2面以上の立面図
・2面以上の断面図
・地盤面算定表
・基礎伏図
・各階床伏図
・小屋伏図
・構造詳細図

②意匠図や設備図等のうち、構造強度や荷重等に関する図書

標準的な構造計算書の図書の構成